あっという間に2012年終わりそうです。
昨年もある意味あっという間でした。
今年は何もなさすぎて早く感じた。それでも僕はなにも想定外のことが起きない平々凡々な日常を好む。
性格柄なのかもしれない。でもそんな僕でも良し悪しに限らず何かサプライズ、アクシデントが起きないかと思ったりもする。完全なブラフだ。アクシデントが起きたら起きたであたふたするだろう。
そう考えるとやはり平々凡々を望む。僕にどんな時でも物怖じしないタフな心臓があれば超電導モーターのように早い頭の回転力があれば。

そんなものは急に手に入らないのだから。僕の許容できる範囲の2013年であって欲しい。

さて、夕方に届いた蟹が解凍されないので明日まで解凍です^^;

それではまた来年です^ ^
スポンサーサイト
最近、僕のブログが異様に見られているようです。

過去最大に見られているかもしれません。

大変、嬉しい事です。ありがとうございます。

嬉しい気持ちと同時に緊張感というのも出てきます。

多くの方に見られても良いブログなのか?ちゃんとした事書いてるのか?自分に問いかけてみたくなります(笑)

〔花も実もある〕という言葉があります。

外見も中身も充実し、名実共に優れているという意味であります。

目指すところではあります。野球界で言うとイチローさん。サッカー界ではピーク時のベッカムなんかが思い浮かびます。

〔君には無理だよ〕

そう言われるかもしれません(笑)少しアクセスが増えて舞い上がっている部分もあるかもしれません(笑)

しかし、目標を持つ事は誰にも馬鹿にする権利はありません。だから頑張りたいと思います。

年末はカニを食べ尽くそうと思います。カニだけに留まらず、鯛のお造りも正月に食べれそうなのです。

そして明日はお世話になってる方と忘年会のようなものをひっそりとしてきます。

泣いても笑っても明日は大納会。一年の締め括りです。仕上げが肝心といいます。

そして大発会をいい気持ちで迎え鯛。
〔日経平均 週足〕
shuasi.jpg



これは日経平均2011年1月からの週足です。
ここは重要ポイントになりそうです。ここから2012年3月高値を取り、更に伸ばすのか。
レンジと考えることも出来、天井付近での折り返しが始まっているのか。
さらに月足でみれば前者。日足でみれば後者に見えます。

2日ほど前、ふと〔財政の崖〕やら〔安倍トレード〕などと呼ばれるものについて少し考えてみたりもしました。
考えてみたものの、10分で止めました(笑)
口先介入だけで、未だ何もしていない自民党。
アメリカの民主党、共和党の意地の張り合いに右往左往される市場。それも前もって用意されたシナリオでしょう。
茶番です。

それはそうと、美味しいラーメン屋を見つけてしまいました^^残念ながら近所ではないのですが。
〔ラーメンひむろ〕というお店。調べてみるとチェーン店みたいだったのがちょっとガッカリでしたが十分に美味しかったです。オロチョン味噌ラーメンを食べたのですが、このオロチョン。昔から好きなんですが限られたラーメン店でしかメニューがありません。その点だけでも、この〔ラーメンひむろ〕は特筆に価するラーメン店だと思います。強烈に個人的すぎますよねごめんなさい(笑)


ひむろ
どうやらカニ鍋に例えた相場は、まだまだグツグツと煮えたぎっているようです。
煮え湯を飲まされるとは少し違いますが、あわてる蟹は穴に這い入れぬ。
まさに僕は一時的に慌てた蟹になったようです。

今日の先物はボリンジャー+2αを意識した動き。
10000円は目前だ。もう食べ頃を過ぎ沸騰しすぎた湯をひっくり返すのはいつになるだろうか。

余談ですがタラバ3kgが年末に届く予定です。楽しみです^^
11限SQ後-12限のトレード公開。先物は、ラージ12限、ミニ12限を使用。〔3限も使用しましたが来月分になります。〕最近、ハマっているものはクロックムッシュです。美味しい。

・先物
10月23日 ミニ S 9035円×5枚→11月15日 8715円×5枚 決済 【利益】160000

11月15日 ミニ L 8770円×3枚→11月26日 9440円×3枚 決済 【利益】201000



・オプション
10月16日  コール 9500 L 25円×1枚→12月14日 SQ 決済 【利益】195000

10月18日  コール 9750 S 34円×4枚→12月14日 SQ 決済 【利益】136000

10月23日 コール 10000 S 16円×1枚→11月14日 2円×1枚 決済 【利益】14000

10月26日 コール 10000 S 25円×2枚→11月14日 2円×2枚 決済 【利益】46000

11月7日 プット 8500 L 46円×1枚→11月21日 10円×1枚 決済 【損失】36000

11月7日 プット 8250 S 24円×4枚→11月21日 5円×4枚 決済 【利益】76000

11月16日 プット 8750 L 70円×1枚→11月22日 16円×1枚 決済 【損失】54000

11月16日 プット 8750 L 70円×1枚→11月22日 16円×1枚 決済 【損失】54000

11月16日 プット 8500 S 30円×4枚→11月22日 7円×4枚 決済 【利益】92000

11月16日 コール 9250 L 60円×1枚→11月22日 200円×1枚 決済 【利益】140000

11月22日 コール 9750 S 50円×1枚→12月14日 SQ 決済 【利益】50000



まずは大勝利!嬉しいです^^
運も無かったとは言い切れないですが、いい方向へ好転してきたところもあります。
FC2ブログに引越してきて以来、最高の結果が出ました。

まずは先物。11月15日の転換点ですね。衆議院解散観測での反転。ここで少し遅れはしましたが途転売買を、出来た事が大きかったです。ホールドしていたら完全に食われていたでしょうね。本当ならその時の売りポジションは8500円台での利確を目標としていました^^;ちなみに前日は新月でもありました。

オプションは戦略がガッチリはまったものもありますし最後のSQアタックは買い売りどちらでも利益を取れたというところが大きい。正直、MSQ前1週間はSQ値9500円辺りで手打ちかなと考えていましたので、これは想定外だったと言えます。デルタも比較的、安定していましたし満足しています。

何はともあれ、大きく利益が出せて嬉しい限りです。毎月これくらい出せれたら理想なんですが、〔狙う〕とダメになるんですよね^^;マイペースで頑張っていきます。
最終営業日の取引が終了。

万事屋の状況はというと、先物は3限ですのでSQにぶつかる事はありません。
オプションは一部のみSQにぶつけます。勝算があっての勝負。明日が楽しみでもあります^^

昨晩、バーナンキさん(FRB)はソツのない決定をしました。流石だな、と。
日本にはこんな人材いないな。口だけで、言うには言うが。実行に移せる人間がいたならば、日本はもう少し美しい国なのでは。

何はともあれ12限もお疲れ様。
次は年を跨ぐので、そういった意味で難しい1限です。
個別株も少しずつ成長中^^
メジャーSQ。12月。いよいよ1年のオワリが近づいてきました。
世間ではクリスマス‥大晦日‥何処で過ごそうか?なんて考えている頃でしょう。

しかし相場で生きる人間にとっては〔FOMC〕〔財政の崖〕〔EU首脳会議〕〔日銀金融政策決定会合〕‥何かと重苦しくなるワードが並びます^^;



騰落レシオは151(20日)、113(25日)。
20日レシオを見れば真っ先に売りたくなる人が多数だと思います。

しかし、騰落レシオだけで大天井や大底が計り当てられたら苦労もしないです。
市場に漂う過熱感が冷却されるが近いか、更にヒートアップして個人投資家の脳を麻痺させるのか。
とはいえ、12月です。例年なら中旬からは年末相場の閑散相場。
暴落や暴騰への希望も夢のまた夢、先物値幅30円の世界がオイデオイデをしてるかもしれません(笑)

昨日、本日と過熱感から-2℃ほど下がった状態。そこからクライマックスへと向かいます。

12限は買い方にとって気持ちの良い相場だったでしょう。どこで買っても助かるという上昇相場の典型な買い安心感。
それに逆らい今も含み損を抱える売り方もいるでしょう。どちらが良い気持ちで1年を締め括れるのかMSQ。
決戦は金曜日である。
今日17時30分頃、マグニチュード7.3の大きめな地震が三陸沖で起きた。
僕の携帯は警報音も鳴らなかった。だがPCに設定しているカエルは鳴いてお知らせしてくれた。

津波警報が出た時は去年の事を嫌でも思い出してしまった。
地震の規模は今回の方が遥かに小さいとはいえ、僕の家も揺れが長く少し恐怖を感じた程だった。
東北の方はもっとそうだったに違いない。
警報も解除され、被害が出なくて本当に良かったと思う。


地震が起きたその時。僕は少し恐怖を感じながらも夜場の先物チャートを見ていた。ダウ先チャートも見ていた。
3.11以降に見られた地震アルゴが発動していた。もうこんな動きは見たくない。
だけど日本に住んでいる以上は、一生つきまとう地震とのお付き合い。切っても切れない嫌な関係。

切れるものなら切ってしまいたい。切実に思う。

〔真面目か!〕

こうゆう時は真面目にさせて下さい。いつも真面目ですしお寿司。
先日からまだか、まだかと待っておりますがその時はまだ来ず。
待っていても来るものじゃないことは分かっておりますが(笑)

今はゆっくりと静観中の状態です。
蟹鍋の蟹の身が、いまかいまかと沸騰するのを待つ気分に似ています。(いえ、似てないかもしれません。)

騰落レシオは120へ近づいてきた。こちらは沸騰寸前。

どうやら自分が間違っていたと気づいたらさっさと違う戦略でいくので宜しくお願いしますm(__)m
11月中に決済した分を載せます。手数料は含めません。

・9月27日〔6770〕アルプス電気 買 1000株→11月2日 売り返済 【利】50000


・10月15日〔7272〕ヤマハ発動機 買 800株→11月29日 売り返済 【利】84000


・10月24日〔4540〕ツムラ 売 500株→11月5日 買い返済 【損】55000


・10月25日〔7202〕アコム 買 400株→11月5日 売り返済 【利】80000







累計キャッシュ=5,465,000円

7202に関しては決算発表前までに決済すると決めていましたし、それが功を奏した形となりました。良かったです。
一歩間違えれば危なかったですが^^;
7272は目標以上に引っ張ってしまいましたが、結果良かったと思っています。
ツムラ・・は忘れましょう(笑)
調子とツキが合ってきたかな。来月もプラス狙います。現在、1銘柄所持中。
プロフィール

タクティクス225

Author:タクティクス225
元・証券マンでしたが今は専業トレーダー兼、ブロガーです。
個別銘柄、先物やオプション取引。・・・・・・FXはまだ勉強中です。

とりあえず
単発銘柄・仕手株
〔2703〕日本ライトン+22.7% 
〔4579〕ラクオリア創薬+22.2% 
〔3475〕グッドコムアセット+68.3% 
〔3851〕日本一ソフトウェア+35.5% 
〔3825〕リミックスポイント+527% 
〔2656〕ベクター+18.1% 
〔3935〕エディア+15.8% 
〔2538〕JFLA+19.5% 
〔6778〕アルチザネットワークス+25.3% 
〔6266〕タツモ+23.4% 
〔3678〕メディアドゥ+12.2% 
〔3968〕セグエ -18.4% 
〔6643〕戸上電機+45% 
〔6537〕WASHハウス+32% 
〔6266〕タツモ+23% 
〔5277〕スパンクリート+50.7% 
〔3541〕農業総合研究所+24% 
〔2488〕日本サードパーティ-29% 
〔6246〕テクノスマート+31% 
〔3932〕アカツキ+39% 
〔8462〕FVC+37.9% 
〔4308〕Jストリーム+40% 
〔3815〕メディア工房+51% 
〔6531〕リファインバース+45% 
〔2354〕安川情報システム+43% 
〔3698〕CRIMW +17.2% 
〔4763〕C&R社 +21% 
〔6081〕アライドアーキ +43% 
〔3679〕じげん +20% 
〔4736〕日本ラッド +23.2% 
〔8462〕FVC +58.2% 
〔3652〕DMP +82.3% 
〔3688〕VOYAGE +15.6% 
〔8462〕FVC +282% 
〔7608〕エスケイジャパン +64% 
〔2538〕JFLA +83% 
〔9421〕ネプロ +98% 
〔3843〕フリービット +23% 
〔3328〕BEENOS +60% 
〔3528〕プロスペクト+47% 
〔5162〕朝日ラバー+77% 
〔3652〕テックファーム+93% 
〔3625〕DMP+185% 
〔3845〕アイフリーク+10% 
〔3356〕テリロジー+22% 
〔6840〕アドテック+23% 
〔4576〕DWTI+25% 
〔4552〕JCRファーマ+36% 
〔1757〕クレアHD -14% 
〔8473〕SBI +13% 
〔4771〕エフアンドエム +22% 
〔7990〕グローブライド +58% 
〔1719〕安藤・間 +42% 
〔7519〕五洋インテックス +55% 
〔7612〕コモンウェルス +19% 
〔4347〕ブロードメディア -12% 
〔1301〕極洋 +21% 
〔3004〕神栄 +48% 
〔7305〕新家工業 +49% 
〔5204〕石塚硝子 +27% 
〔5541〕太平洋金属 +7% 
〔7157〕ライフネット生命 +20% 
〔1961〕三機工業 +14% 
〔4563〕アンジェスMG +32% 
〔3843〕フリービット +24% 
〔7743〕シード +17% 
〔2159〕フルスピード +11% 
〔7972〕イトーキ +19% 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
北辰
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
記録
2017年11限 先OP+2,206,000
2017年10月 個別株+228,000
2017年10月 寄引+400(400,000)
2017年10限 先OP+126,000
2017年9月 個別株+1,277,000
2017年9月 寄引-180(180,000) 
2017年9限 先OP+575,000
2017年8月 寄引-200(200,000) 
2017年8月 個別株+332,000
2017年8限 先OP+438,000
2017年7月 寄引+300(300,000)
2017年7月 個別株+1,177,000
2017年7限 先OP+139,000
2017年6月 寄引+650(650,000)
2017年6月 個別株+242,000
2017年6限 先OP+717,000
2017年5月 寄引+640(640,000)
2017年5月 個別株+574,000
2017年4月 寄引+1180(1,180,000)
2017年4月 個別株+15,000
2017年5限 先OP-964,500 
2017年4限 先OP+251,000
2017年3月 寄引+1070(1,070,000)
2017年3月 個別株+375,000
2017年3限 先OP+352,000
2017年2月 個別株+2,542,000
2017年2月 寄引+580(580,000)
2017年2限 先OP+209,000
2017年1月 個別株+551,000
2017年1限 先OP+190,000
2017年1月 寄引-460(460,000) 
2016年12月 個別株+432,000
2016年12月 寄引+80(80,000)
2016年12限 先OP-973,600 
2016年11月 個別株+416,000
2016年11月 寄引+80(80,000)
2016年11限 先OP+754,000
2016年10月 個別株+249,000
2016年10月 寄引+450(450,000)
2016年10限 先OP+255,000
2016年9月 個別株+285,000
2016年9月 寄引+200(200,000)
2016年9限 先OP+189,300
2016年8月 個別株+324,000
2016年8月 寄引+60(60,000)
2016年8限 先OP+267,000
2016年7月 個別株+99,600
2016年7月 寄引-490(490,000) 
2016年7限 先OP+28,000
2016年6月 寄引+1490(1,490,000)
2016年6月 個別株+277,000
2016年6限 先OP+80,200
2016年5月 個別株+978,000
2016年5月 寄引+1440(1,440,000)
2016年5限 先OP-1,828,000 
2016年4月 個別株+1,278,000
2016年4限 先OP-151,000 
2016年4月 寄引-810(810,000) 
2016年3限 先OP+894,000
2016年3月 個別株+387,000
2016年3月 寄引-740(740,000) 
2016年2限 先OP+1,241,000
2016年2月 寄引-50(50,000) 
2016年2月 個別株+1,152,000
2016年1限 先OP+615,000
2016年1月 寄引+1060(1,060,000)
2016年1月 個別株+512,000
2015年12限 先OP+666,000
2015年12月 個別株+1,218,000
2015年12月 寄引-610(610,000) 
2015年11月 寄引+180(180,000)
2015年11限 先OP+370,500
2015年11月 個別株+787,000
2015年10月 寄引+360(360,000)
2015年10限 先OP-,91,000 
2015年10月 個別株+451,000
2015年9月 寄引+1,740(1,740,000)
2015年9限 先OP-1,434,000 
2015年9月 個別株+149,000
2015年8月 寄引+930(930,000)
2015年8限 先OP+121,000
2015年8月 個別株-1,480,000 
2015年7月 寄引+600(600,000)
2015年7月 個別株-877,000 
2015年7限 先OP+229,000
2015年6月 寄引+180(180,000)
2015年6月 個別株+352,000
2015年6限 先OP+664,000
2015年5月 寄引+390(390,000)
2015年5月 個別株-119,000 
2015年5限 先OP+361,000
2015年4月 寄引+1240(1,240,000)
2015年4月 個別株+745,000
2015年4限 先OP+624,000
2015年3月 寄引+240(240,000)
2015年3月 個別株+266,000
2015年3限 先OP+152,500
2015年2月 寄引+730(730,000)
2015年2月 個別株+966,000
2015年2限 先OP+373,000
2015年1月 寄引+450(450,000)
2015年1月 個別株-113,000 
2015年1限 先OP+226,000
2014年12月 個別株-171,000 
2014年12限 先OP+364,500
2014年11月 個別株-194,000 
2014年11限 先OP+179,000
2014年10月 個別株-792,000 
2014年10限 先OP+383,000
2014年9月 個別株+2,102,000 
2014年9限 先OP+559,000
2014年8月 個別株+1,778,000 
2014年8限 先OP+163,000
2014年7月 個別株+1,587,000 
2014年7限 先OP+466,000 
2014年6月 個別株+878,000 
2014年6限 先OP+451,000 
2014年5月 個別株+1,285,000 
2014年5限 先OP+234,000 
2014年4月 個別株+70,000 
2014年4限 先OP+339,000 
2014年3月 個別株-708,000 
2014年3限 先OP+92,000 
2014年2月 個別株-252,500 
2014年2限 先OP+343,000 
2014年1月 個別株+992,000 
2014年1限 先OP+367,000 
2013年12月 個別株+144,000 
2013年12限 先OP+922,000 
2013年11月 個別株+233,000 
2013年11限 先OP+96,000 
2013年10限 先OP+113,000 
2013年10月 個別株-102,000 
2013年09限 先OP+368,000 
2013年9月 個別株+448,000 
2013年08限 先OP+198,000 
2013年8月 個別株+68,000 
2013年07限 先OP+355,000 
2013年7月 個別株+468,000 
2013年06限 先OP+512,000 
2013年6月 個別株+146,000 
2013年05限 先OP+712,000 
2013年5月 個別株+3,316,000 
2013年04限 先OP+347,000 
2013年4月 個別株+1,067,000 
2013年03限 先OP+380,000 
2013年3月 個別株+365,000 
2013年02限 先OP+336,000 
2013年2月 個別株+1,000 
2013年01限 先OP-1,883,000 
2013年1月 個別株+141,000 
2012年12限 先OP+966,000 
2012年12月 個別株+193,000 
2012年11限 先OP+434,500 
2012年11月 個別株+159,000 
2012年10限 先OP+310,000 
2012年10月 個別株+297,000 
2012年9限 先OP+547,000 
2012年09月 個別株-42,000 
2012年8限 先OP+539,000 
2012年08月 個別株-92,500 
2012年7限 先OP+251,000 
2012年07月 個別株+174,000 
2012年6限 先OP+398,500 
2012年06月 個別株+316,500 
2012年5限 先OP+390,000 
2012年05月 個別株+115,000 
2012年4限 先OP+638,000 
2012年04月 個別株+129,000 
2012年03月 個別株+131,000 
       
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク