何か雰囲気が変わってきたように思う今日この頃という感じです。
そろそろ第5963回欧州危機の開催でしょうか?ご苦労さんです。

チャート見て、テクニカル・ファンダ見ても分からない雰囲気というものが相場にはあります。
ただその雰囲気というのが騙しという時もあるから、悩むのです。



〔イタリア MIB指数〕

MIB.jpg



昨日からイタリアが下落しています。
10年・5年国債の入札がうまくいかなかったようですね。
利回りが2年半ぶりの低水準。前回4.48%→今回4.17%
5年国債は前回3.26%→2.94%

欧州危機再燃?
いえ、ずっとヤバいのです^^;
何も解決しないままほっておくから治らない虫歯と同じです。
鎮痛剤で痛みを飛ばしていても、いつか更に大きな痛みで苦しむ事になります。

僕の友人がスペインに在住しているのですが、実情は相当ひどいようです。
若者の失業率50%超というのは本当のようで、若いのにホームレス。昼間からゴミ箱を漁る若者も多数いるようです。
ひったくりも日常茶飯事。日本ではなかなか想像しにくい光景だそうです。
それなのにラホイ氏は強がりばかりを言っていますね。どうしてそんなに強がれるのか?不思議でなりません^^;
これ以上借金増やしてもどうしようも出来ないのはわかりますが、、、日本も出資していますからね。

ギリシャと同じなのですよスペインも。アイルランド、ポルトガル、イタリア、ポーランドも次いでいます。

欧州危機というのは、度々調整や下落相場の理由に使われてきました。
今回は‥う~ん、まだ開催されるか微妙なところですね(笑)

今日の日経は時間調整。上下に振って終値は結局前日比変わらぬところ。
今の日経なら欧州危機なんて関係なしに騰がる?それなら、それもいいでしょう。
雨が降っても傘をささない性分ではありませんので、僕は降らぬ先の傘。
スポンサーサイト
http://goo.gl/Fi4YC

週明け下げて週末上げるアノマリー‥???

いやいや‥違うでしょ、と。1、2回あっただけでアノマリーだなんて言わないでしょ、と^^;
アナリストって何かにつけてアノマリーだとか用いるのが好きだなあと。あくまで個人的な意見ですが。


今日は、いつものカフェにて夜ご飯を食べてきましたので久しぶりに料理写真を^^



658110500_2246065_2238234.jpg


あ~見てるだけでまた食べたくなってきてしまいます。
何回食べても飽きない料理って大切ですよね^^
カフェでひとりご飯してる間はいつまでたっても結婚とは程遠い‥
ファナックが下げ止まらない。

〔6954 ファナック〕
fanac.jpg



ここ数年で著しく上昇し続けてきたが、2013年大発会から値を落とし始め、久しい雲抜けかというところまできた。

昨年、アップルがIphone5を発表して天井をつけたあの頃から既に懸念されるべきものだったのかもしれません。

〔アップル〕

apuru.jpg



ファナックのロボット事業はiphone生産にも多大な影響を与えていた。しかし、
理由がそれだけなら まだしも、売上高、営業利益減益に加え、中国との関係悪化から需要も低迷し続けている。


日経は年内に15000円だのなんだの言われているがこれまで日経やTOPIXといった指数を支えてきたひとつであるファナックの復活無くして達成は可能なのでしょうか?アナリスト様。


僕は悲観論者では決してありません。
ファナックは広い目で見れば小さい要因のひとつかもしれません。

ただ、アップルが悪い鏡にならなければ良いと今は、そう、思っています。
僕は相場の天底を見極めることも、実は好きだったりするのです。

しかし、それなのに、なぜ、どうして、である。
10950円で売ったのに、何故?
手放すのが早すぎたのではないか?いや、確実にそうなのであるからもやもや。

‥こういった念は大概どうでも良いものです。捨てなければいけません。
腹の立つ事は明日言え、と。口には出さないので、文字にして書きます(笑)

いい夢でも見れば気がまぎれるだろう。美味しいものでも食べれば吹き飛んでしまうでしょう。
今、欲しい物が手に入れば?気が紛れるどころではない。
打ち消すような良い事でもあればすべて忘れてしまうような些細な事です。そうです。そうなんです。


〔8058 週足〕
8058.jpg



むむむっ‥!
こうよう



こうよう2





まぁ‥こんな時期になんですが、紅葉を見にいこうようという事で。
実際に行ったのは昨年12月初旬でしょうか^^;
六義園というところです。毎年秋から冬の初め頃まで紅葉をライトアップしてるようなので、是非2013年秋に行ってみてください。お団子やらおしるこも美味しかったです。つい日本酒を1杯買ってしまったのも分かる雰囲気でした。



記事にするの遅いですよね(笑)
昨日で万事屋的には売り候補銘柄がドーンと増えました。
選定に困るくらいの量です。
そしてこの銘柄も。


〔ファストリテ 日足〕

Frite.jpg




丸の部分が肝。こりゃアカンと思うのですが、どうなるか。
普段ファストリテは全く触りませんけどね^^;
この先も触ることはあまりないんじゃないかな、と思います。

売り候補がこれだけ出て、騙しだったとしたら壮大な釣りですね。
〔日経平均 週足〕
suto.jpg


〔日経平均 30分足〕
30da.jpg


〔ユーロ-円 1時間足〕
uroda.jpg


ここ数営業日のこと。
ユーロ-円は一度もトレンドラインを割ることなく6円、日経平均は400円の上昇です。

それが今日、割れた。

これも、ここ最近と同様に単なるスピード調整の一環かもしれません。
5DMA、10DMAで反転するいつものやつかもしれません。

この世の中、優れた物、人、ばかりではありません。
株価もまた、優れたチャート形成ばかりではないと思います。

いま、安心して株を買う人が増えているかもしれない。

〔今こそ株を買ってみませんか?儲かりますよ。いつかはゆかし〕と、甘い言葉を掛けられ株をたんまり買っている投資未経験層。
〔民主党政権終焉!アベノミクス!やっと日本再生の時が来た!〕と、たんまり買う投資家もいらっしゃると思います。

かのウサインボルトもフライングで失格する事もある。
あの松井秀喜だって40歳を待たずに引退である。

まさかをいつも頭の片隅に入れています。何が起きても変じゃない世界なのだから。
それでも驚いてしまうのです。
考えていないよりは考えていた方が良い事もあります。



そんな僕もここ数年の民主党政権で日本を悲観しすぎてしまうよう洗脳されてしまったのかもしれません。。。
洗脳、ダメ、ゼッタイ。
連休最後の本日、ようやく体調が戻りつつあります。
ご心配を掛け、申し訳ございません。そして、ありがとうございました。

先週のうちに今年最初の目標を達成しておりました。
〔スカイツリー〕を観に行ってきました。残念ながら混雑の為、上ることができなかったのですが何枚か写真撮れました。


つり2

いやーちょっと近すぎか(笑)

つり

これでも近いけど、その大きさが分かりますよね^^



実は浅草寺へ初詣に行った帰り、近いからふと立ち寄ってみようとスカイツリーまで行きました。
やっぱりキレイですね。行ってよかったです。次回は、上まで昇ってみたい。
今まではブログで載せた事なかったんですが、載せます。
1限で暴○が起こっています。これを真摯に受け留めなければいけません。
近い未来に、いい押し目だったと言われるように。



収支チャート〔2013年1限更新済〕
12限SQ後-1限のトレード公開。先物は、ラージ3限、ミニ3限を使用。

・先物
12月13日 ミニ S 9685円×5枚→12月14日 9750円×5枚 決済 【損失】32500

12月17日 ラージ S 9890円×1枚→12月17日 9800円×1枚 決済 【利益】90000

12月20日 ミニ S 10095円×7枚→1月4日 10660円×7枚 決済 【損失】395500

12月27日 ラージ S 10380円×1枚→12月27日 10340円×1枚 決済 【利益】40000

1月9日 ラージ S 10450円×1枚→1月9日 10600円×1枚 決済 【損失】150000



・オプション
12月10日  コール 10000 L 36円×1枚→12月27日 415円×1枚 決済 【利益】379000

12月10日 コール 10000 L 36円×2枚→12月14日 100円×2枚 決済 【利益】128000

12月10日 コール 10250 S 16円×4枚→12月27日 225円×2枚 決済 【損失】418000

12月10日 コール 10500 S 7円×2枚→1月11日 SQ 決済 【損失】520000

12月10日 プット 8500 L 9円×1枚→1月11日 SQ 決済 【損失】9000

12月14日 コール 10500 S 18円×1枚→1月11日 SQ 決済 【損失】254000

12月14日 プット 9250 L 40円×1枚→1月11日 SQ 決済 【損失】40000

12月19日 プット 9750 L 50円×1枚→1月11日 SQ 決済 【損失】50000

12月19日 プット 9750 L 55円×1枚→1月11日 SQ 決済 【損失】55000

12月19日 プット 9500 S 21円×6枚→1月11日 SQ 決済 【損失】126000

12月19日 コール 10750 S 14円×3枚→1月11日 SQ 決済 【損失】24000

12月21日 プット 9750 L 100円×1枚→1月11日 SQ 決済 【損失】100000

12月21日 プット 9000 S 15円×2枚→12月26日 決済 【利益】22000

12月21日 プット 8750 S 15円×2枚→12月26日 決済 【利益】14000

12月27日 コール 10250 L 225円×1枚→1月9日 315円×1枚  決済 【利益】90000

12月27日 プット 9500 S 10円×4枚→1月11日 SQ 決済 【利益】40000

12月28日 コール 11250 L 5円×3枚→1月11日 SQ 決済 【損失】15000

12月28日 コール 11500 L 3円×2枚→1月11日 SQ 決済 【損失】6000

12月10日 コール 10250 S 16円×4枚→1月4日 420円×2枚 決済 【損失】808000

1月7日 プット 10500 L 29円×1枚→1月11日 SQ 決済 【損失】29000

1月7日 プット 10250 S 7円×2枚→1月11日 SQ 決済 【利益】14000

1月7日 プット 10250 S 10円×3枚→1月11日 SQ 決済 【利益】30000



先月12限の大勝利で喜んでいたら、、、
1限はとんでもないマイナスです。過去最大の損失になってしまいました。
バックテスト込みでもこの数字は無かったと思います。

このような結果になったら、何を書いても仕方の無い事。

〔負けて腐らず、勝って驕らず〕

淡々とトレードしていく他ありません。今までのやり方は間違っていないと思うので続けていきます。
1限に関していえば、利小損大。僕の損切り判断が遅くなってしまった事も敗因だと思います。
〔馬鹿〕になって買え、と言われているような気がします。シグナルに反し買えば、大きくプラスだったかもしれません。

株式の方は現在も上手くいっているだけに先OPのこの損失は正直に悔しいです。
大きなドローダウンとなりましたが、2ヶ月マイナスは過去にありません。2限は必ず盛り返しを誓います。
頑張ります。
A型インフルエンザというものにかかってしまい、昨日からダウン中です^^;
一昨日から症状は出ていたのですが、昨日病院に行きましたらインフルだと‥
39.5度まで上昇した熱は本日、38度前半まで下がってきております。3日間は熱が続くそうです。
今、流行してるようなので皆さんもインフル予防接種に行かれるなどして対策してくださいね。辛い‥

心配して下さっている方もいらっしゃいます‥ご心配お掛けしてすみません。



2013010923510000.jpg
明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
大晦日の日、ふと立ち寄ったトルコ料理店でトルコの資料を小一時間見せつけられた辰馬です。^^;(料理はすごく美味しかったです)

写真は、載せ忘れていた蟹さん達。

鍋やら、蟹めしにして食べちゃったのですがこの写真しか撮っておりません^^;

kani.jpg

これで元気が出たのですが、翌日カゼを引きまして‥熱も出て踏んだり蹴ったりなついたち。

来年は毛蟹を食べてみたい候。
12月中に決済した分を載せます。手数料は含めません。

・10月18日〔6751〕日本無線 買 1000株→12月13日 売り返済 【利】40000


・11月27日〔6752〕パナソニック 買 800株→12月21日 売り返済 【利】78000


・11月6日〔8058〕三菱商事 買 500株→12月25日 売り返済 【利】85000


・12月4日〔8331〕千葉銀行 売 1000株→12月28日 買い返済 【損】10000





累計キャッシュ=5,658,000円


8058は業績懸念で売られていましたが、減益決算発表後の底堅さから買ってみましたら良い結果に繋がりました。
大和証券が投資判断引き上げていました。騙されずに良かったです(笑)
少しリスクはありましたが、リスクをとらなきゃ勝てない時もありましょう。損切りをしっかりすれば大損は無いです。
8331は‥完全にミスりましたね^^;小動き続きでしたので、組み替えました。

実は8058よりも現在保有中銘柄の方が、もっと良いところで買えてるんですけどね^^
来月決済が楽しみです。お疲れ様でした。
プロフィール

タクティクス225

Author:タクティクス225
元・証券マンでしたが今は専業トレーダー兼、ブロガーです。
個別銘柄、先物やオプション取引。・・・・・・FXはまだ勉強中です。

とりあえず
単発銘柄・仕手株
〔2703〕日本ライトン+22.7% 
〔4579〕ラクオリア創薬+22.2% 
〔3475〕グッドコムアセット+68.3% 
〔3851〕日本一ソフトウェア+35.5% 
〔3825〕リミックスポイント+527% 
〔2656〕ベクター+18.1% 
〔3935〕エディア+15.8% 
〔2538〕JFLA+19.5% 
〔6778〕アルチザネットワークス+25.3% 
〔6266〕タツモ+23.4% 
〔3678〕メディアドゥ+12.2% 
〔3968〕セグエ -18.4% 
〔6643〕戸上電機+45% 
〔6537〕WASHハウス+32% 
〔6266〕タツモ+23% 
〔5277〕スパンクリート+50.7% 
〔3541〕農業総合研究所+24% 
〔2488〕日本サードパーティ-29% 
〔6246〕テクノスマート+31% 
〔3932〕アカツキ+39% 
〔8462〕FVC+37.9% 
〔4308〕Jストリーム+40% 
〔3815〕メディア工房+51% 
〔6531〕リファインバース+45% 
〔2354〕安川情報システム+43% 
〔3698〕CRIMW +17.2% 
〔4763〕C&R社 +21% 
〔6081〕アライドアーキ +43% 
〔3679〕じげん +20% 
〔4736〕日本ラッド +23.2% 
〔8462〕FVC +58.2% 
〔3652〕DMP +82.3% 
〔3688〕VOYAGE +15.6% 
〔8462〕FVC +282% 
〔7608〕エスケイジャパン +64% 
〔2538〕JFLA +83% 
〔9421〕ネプロ +98% 
〔3843〕フリービット +23% 
〔3328〕BEENOS +60% 
〔3528〕プロスペクト+47% 
〔5162〕朝日ラバー+77% 
〔3652〕テックファーム+93% 
〔3625〕DMP+185% 
〔3845〕アイフリーク+10% 
〔3356〕テリロジー+22% 
〔6840〕アドテック+23% 
〔4576〕DWTI+25% 
〔4552〕JCRファーマ+36% 
〔1757〕クレアHD -14% 
〔8473〕SBI +13% 
〔4771〕エフアンドエム +22% 
〔7990〕グローブライド +58% 
〔1719〕安藤・間 +42% 
〔7519〕五洋インテックス +55% 
〔7612〕コモンウェルス +19% 
〔4347〕ブロードメディア -12% 
〔1301〕極洋 +21% 
〔3004〕神栄 +48% 
〔7305〕新家工業 +49% 
〔5204〕石塚硝子 +27% 
〔5541〕太平洋金属 +7% 
〔7157〕ライフネット生命 +20% 
〔1961〕三機工業 +14% 
〔4563〕アンジェスMG +32% 
〔3843〕フリービット +24% 
〔7743〕シード +17% 
〔2159〕フルスピード +11% 
〔7972〕イトーキ +19% 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
北辰
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
記録
2017年11限 先OP+2,206,000
2017年10月 個別株+228,000
2017年10月 寄引+400(400,000)
2017年10限 先OP+126,000
2017年9月 個別株+1,277,000
2017年9月 寄引-180(180,000) 
2017年9限 先OP+575,000
2017年8月 寄引-200(200,000) 
2017年8月 個別株+332,000
2017年8限 先OP+438,000
2017年7月 寄引+300(300,000)
2017年7月 個別株+1,177,000
2017年7限 先OP+139,000
2017年6月 寄引+650(650,000)
2017年6月 個別株+242,000
2017年6限 先OP+717,000
2017年5月 寄引+640(640,000)
2017年5月 個別株+574,000
2017年4月 寄引+1180(1,180,000)
2017年4月 個別株+15,000
2017年5限 先OP-964,500 
2017年4限 先OP+251,000
2017年3月 寄引+1070(1,070,000)
2017年3月 個別株+375,000
2017年3限 先OP+352,000
2017年2月 個別株+2,542,000
2017年2月 寄引+580(580,000)
2017年2限 先OP+209,000
2017年1月 個別株+551,000
2017年1限 先OP+190,000
2017年1月 寄引-460(460,000) 
2016年12月 個別株+432,000
2016年12月 寄引+80(80,000)
2016年12限 先OP-973,600 
2016年11月 個別株+416,000
2016年11月 寄引+80(80,000)
2016年11限 先OP+754,000
2016年10月 個別株+249,000
2016年10月 寄引+450(450,000)
2016年10限 先OP+255,000
2016年9月 個別株+285,000
2016年9月 寄引+200(200,000)
2016年9限 先OP+189,300
2016年8月 個別株+324,000
2016年8月 寄引+60(60,000)
2016年8限 先OP+267,000
2016年7月 個別株+99,600
2016年7月 寄引-490(490,000) 
2016年7限 先OP+28,000
2016年6月 寄引+1490(1,490,000)
2016年6月 個別株+277,000
2016年6限 先OP+80,200
2016年5月 個別株+978,000
2016年5月 寄引+1440(1,440,000)
2016年5限 先OP-1,828,000 
2016年4月 個別株+1,278,000
2016年4限 先OP-151,000 
2016年4月 寄引-810(810,000) 
2016年3限 先OP+894,000
2016年3月 個別株+387,000
2016年3月 寄引-740(740,000) 
2016年2限 先OP+1,241,000
2016年2月 寄引-50(50,000) 
2016年2月 個別株+1,152,000
2016年1限 先OP+615,000
2016年1月 寄引+1060(1,060,000)
2016年1月 個別株+512,000
2015年12限 先OP+666,000
2015年12月 個別株+1,218,000
2015年12月 寄引-610(610,000) 
2015年11月 寄引+180(180,000)
2015年11限 先OP+370,500
2015年11月 個別株+787,000
2015年10月 寄引+360(360,000)
2015年10限 先OP-,91,000 
2015年10月 個別株+451,000
2015年9月 寄引+1,740(1,740,000)
2015年9限 先OP-1,434,000 
2015年9月 個別株+149,000
2015年8月 寄引+930(930,000)
2015年8限 先OP+121,000
2015年8月 個別株-1,480,000 
2015年7月 寄引+600(600,000)
2015年7月 個別株-877,000 
2015年7限 先OP+229,000
2015年6月 寄引+180(180,000)
2015年6月 個別株+352,000
2015年6限 先OP+664,000
2015年5月 寄引+390(390,000)
2015年5月 個別株-119,000 
2015年5限 先OP+361,000
2015年4月 寄引+1240(1,240,000)
2015年4月 個別株+745,000
2015年4限 先OP+624,000
2015年3月 寄引+240(240,000)
2015年3月 個別株+266,000
2015年3限 先OP+152,500
2015年2月 寄引+730(730,000)
2015年2月 個別株+966,000
2015年2限 先OP+373,000
2015年1月 寄引+450(450,000)
2015年1月 個別株-113,000 
2015年1限 先OP+226,000
2014年12月 個別株-171,000 
2014年12限 先OP+364,500
2014年11月 個別株-194,000 
2014年11限 先OP+179,000
2014年10月 個別株-792,000 
2014年10限 先OP+383,000
2014年9月 個別株+2,102,000 
2014年9限 先OP+559,000
2014年8月 個別株+1,778,000 
2014年8限 先OP+163,000
2014年7月 個別株+1,587,000 
2014年7限 先OP+466,000 
2014年6月 個別株+878,000 
2014年6限 先OP+451,000 
2014年5月 個別株+1,285,000 
2014年5限 先OP+234,000 
2014年4月 個別株+70,000 
2014年4限 先OP+339,000 
2014年3月 個別株-708,000 
2014年3限 先OP+92,000 
2014年2月 個別株-252,500 
2014年2限 先OP+343,000 
2014年1月 個別株+992,000 
2014年1限 先OP+367,000 
2013年12月 個別株+144,000 
2013年12限 先OP+922,000 
2013年11月 個別株+233,000 
2013年11限 先OP+96,000 
2013年10限 先OP+113,000 
2013年10月 個別株-102,000 
2013年09限 先OP+368,000 
2013年9月 個別株+448,000 
2013年08限 先OP+198,000 
2013年8月 個別株+68,000 
2013年07限 先OP+355,000 
2013年7月 個別株+468,000 
2013年06限 先OP+512,000 
2013年6月 個別株+146,000 
2013年05限 先OP+712,000 
2013年5月 個別株+3,316,000 
2013年04限 先OP+347,000 
2013年4月 個別株+1,067,000 
2013年03限 先OP+380,000 
2013年3月 個別株+365,000 
2013年02限 先OP+336,000 
2013年2月 個別株+1,000 
2013年01限 先OP-1,883,000 
2013年1月 個別株+141,000 
2012年12限 先OP+966,000 
2012年12月 個別株+193,000 
2012年11限 先OP+434,500 
2012年11月 個別株+159,000 
2012年10限 先OP+310,000 
2012年10月 個別株+297,000 
2012年9限 先OP+547,000 
2012年09月 個別株-42,000 
2012年8限 先OP+539,000 
2012年08月 個別株-92,500 
2012年7限 先OP+251,000 
2012年07月 個別株+174,000 
2012年6限 先OP+398,500 
2012年06月 個別株+316,500 
2012年5限 先OP+390,000 
2012年05月 個別株+115,000 
2012年4限 先OP+638,000 
2012年04月 個別株+129,000 
2012年03月 個別株+131,000 
       
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク