今日は海外勢が休場で、あまり参加者も多くなく盛り上がりに欠けました。
13時前の噴き上げだけが見所といいましょうか^^;

夜場現在は‥ヨコヨコを続けています。
今夜はこのまま起伏なく終わるのでしょうか。

今週の上下運動とヨコ相場で、テクニカルも落ち着いてきた感じはします。
現在は日柄転換線の狭い範囲に位置しているので、来週にはどちらかに大きく動くかもしれませんね。

ネタ的には上の方が可能性は高いでしょうか、日欧の金融緩和予測。
キプロス問題はいつものようにしれーっとフェードアウトする可能性もありますよね。

現在、オプションは安全かつ利益も確実に取れています^^
そういえば来週からは4月。2012年度も終わり、2013新年度。
大きく変わりはしませんが、新しい気持ちになった気分で頑張っていきたいと思います(笑)。

来週も頑張ります!



〔騰落レシオ〕118.3% 前日比-1.7
〔25日乖離率〕2.5% 前日比+0.1
〔ストキャス〕53.2% 前日比-3.3
〔RSI〕52.8% 前日比-5.1




〔三本新値足〕12,220.63円〔陰転値〕
〔25DMA〕12,085.65
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕26.64






今日はただの保ち合いに見えますが、来週辺り上下どちらかに飛ぶためのものだと考えるべきでしょうか。
三角持ち合いになりつつありますので、抜けた方に暫くいきそうではありますね。



日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト
本日は軟調に終わった日経ですが、後場高。
下げ幅を縮小した午後でした。

月末ドレッシングを期待したのか、下を支えました。
反面、外部環境の悪化を嫌がった利確売りも膨らみました。

夜場現在は、一時ユーロ円が120円を割るなど軟調。
ドイツの失業率悪化も背景にあります。欧州に振り回されてます。

まだ保ちあいの範疇を抜けないので、手は出しにくいが戻れば少し売りたい想いはあります。
ですが、ここからの切り返しはこの相場では一直線に騰げていく事も多いので難しい局面。
押し目待ちが正しいのでしょうか。



〔騰落レシオ〕120.0% 前日比-10.0
〔25日乖離率〕2.4% 前日比-1.5
〔ストキャス〕56.5% 前日比-7.1
〔RSI〕57.9% 前日比-5.2




〔三本新値足〕12,220.63円〔陰転値〕
〔25DMA〕12,042.10
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕25.64






一時、12200円台を覗くも、下値ではまだまだ買いが入りやすい。
月末ですし欧州、国内の金融緩和期待か。
直近安値270-260円あたりを割ってくれば、まだ下も見えそうですがどうなるでしょうか。
近辺で切り返すなら、また上へとなるかもしれません。
まだレンジ内乱高下保ち合いですので、上下の飛びつきには注意したいですね。


日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



日中は、NY株高、円相場の弱含み(円安)を受けて、先物はギャップアップではじまり。
場中は、円安傾向も大きく崩れずサポート。9984〔ソフトバンク〕など、大型株も買われ、日経も小じっかり。
結局、配当落ち分を埋めた形で引けました。

小型も物色されていた印象でしたが、上昇842銘柄、下落776銘柄。

夜場現在は、先物150円安まで下落。
イタリアの国債格下げの噂や国債の入札不調、キプロス問題をめぐってユーロ圏当局に対しくすぶる不信感。
欧州問題は今回少し長引いています。円相場は円高傾向、各国指数は下落。弱含んでいます。

本日、日中の堅調な動きを継続ではなく、乱高下が継続という事。
日経先物、ダウ先とも60分足で一目均衡表雲下抜けております。
絶望的な下落ではないものの、レンジ内の乱高下継続。

配当落ち分を埋め、堅調だった現物は明日どういった動きを見せるのかに注目。
〔期末13000円〕は難しそうですね、甘利さん。



〔騰落レシオ〕130.0% 前日比-3.5
〔25日乖離率〕3.9% 前日比-0.2
〔ストキャス〕63.4% 前日比-2.7
〔RSI〕62.7% 前日比-3.5




〔三本新値足〕12,220.63円〔陰転値〕
〔25DMA〕12,007.39
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕26.33






やっと25DMAが12000円台に。
まだ、乱高下は続きそうです。
ここからの夜場で、大きく切り返せば明日の展開もまた変わってくるかもしれません。
4SQも近づいてきていますので、その後の動きも頭に入れての戦略を考えております。
もし4SQまでこの水準を保つor騰がるのなら、SQ後は一旦、下もあると頭には入っています。



日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



キプロス問題再燃で、軟調な相場となりました。
ユーログループ議長が今回の支援策はユーロ圏の他国でも適用せざるを得ないという見方をしてるそうで。

朝は、NY市場や円高傾向にあった為替市場を受けてギャップダウン。
その後は、個人投資家の配当狙いからか買いが入りやすく相場を支えた。

配当権利付き最終日という事もあって、下では買われて引け間際までは底堅い印象。
先物も5DMAと10DMAの間で保ち合う動き。
しかし引けには現物で投げられ、先物も投げが入りました。

これで明確にMACDがデッドクロス。
個人的にMACDは重用しているテクニカルのひとつです。

上よりも下に動いた方が素直という状況ですが、簡単にはいかないのがこの相場です。
まだレンジ内の乱高下の範疇。決め付けで動くには早いです。
トレンド転換するような動きではまだありませんので、焦らず見ていく事が大事ですね。



〔騰落レシオ〕133.5% 前日比-10.5
〔25日乖離率〕4.1% 前日比-0.9
〔ストキャス〕66.1% 前日比-7.8
〔RSI〕66.2% 前日比-2.5




〔三本新値足〕12,220.63円〔陰転値〕
〔25DMA〕11,962.53
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕25.66






日経平均も、先物も、5DMAを下回って引けています。
権利落ち後は、落ちた分更には高値を狙っていく動きがあるのかどうかに注目ですね。
そこを狙わないようなら、どこそこで言われている期末13000円は夢のまた夢の話です。
上にも書いている通り、少し下目線ではあります。まだほんの少しですが。
個人的に重用しているMACDのデッドクロスで25DMAの攻防、更には‥というところまでいくかどうか。
まだ25DMAとは乖離しているので遠いと言えば遠いですが、徐々に寄せてきています。



日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



キプロス懸念問題に一旦の終止符が打たれた事も上昇を後押し。
ドル円よりもユーロ円がよく動いていた場中でした。
金曜日の大幅安から、一変今日は大幅高で終えました。

先週金曜の夜場時点で兆候はあったのですが、やはりギャップアップ。
今年に入ってからよく見られる乱高下調整に入るのでしょうか。

個別株は日足で見ると上がらなさそうな銘柄が本日大幅高になったり、こうゆう事が良くあります。
特に不動産など。
貸借倍率も凄い数字が出ていても、緩和されている今は気にされないのかどんどん上を買われます。

明日は配当権利付き最終日という事もあって、配当や優待狙い買いが入るのでしょうか。
それとは別に野村Jリートファンドが週末に投信設定〔金額不明〕という話もありますので不動産weekか。
そこでpeakを迎えてしまうかは来週の動向次第となりましょう。




〔騰落レシオ〕144.0% 前日比+10.5
〔25日乖離率〕5.0% 前日比+1.2
〔ストキャス〕73.9% 前日比-3.5
〔RSI〕68.7% 前日比+1.7




〔三本新値足〕12,220.63円〔陰転値〕
〔25DMA〕11,920.03
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕27.49






騰落レシオは140%台。少し前までは、こんな水準だと買う気になれなかったのに今は平気で買う方もいます。
それは、騰落レシオがほぼ機能しない相場だからという事に他なりません。
ドル換算ベースで夜場現在は若干割高。
暫く乱高下〔膠着〕が続くのでしょうか。




日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



本日は終わってみれば大幅安。月曜日並の下げ幅となりました。
下落を想定してはいたものの、やはり1日で下げすぎ感があります。
今の相場は下に突っ込みすぎると、買われそうな気になってしまいますよね。

25DMA乖離は縮まり、3.8%。気にならない範囲と言われれば気にならない乖離になってきました。

ここから更に下落するのなら、25DMAの攻防を気にする必要があります。
この相場の常、〔下への突っ込みは買い〕なのであれば、またここから反転でしょう。
要は、様子見という事です^^;

乱高下は今年、一月からありますし、今回も乱高下しつつ調整も終わらせるつもりかもしれません。
キーはずっと25DMAだと思っていますので、近づけばそこを見ていきたい。

為替に目を向けるとドル円・ユーロ円ともに大事なところを割れています。
ドル円は転換線、ユーロ円は三角持ち合いから下放れしているように見えます。
週明けから持ち直すには、為替の地合いも良好になる事は条件のひとつでしょう。
キプロス問題は来週も引きずりそうです。
欧州問題はいつでも、どこからでも降ってきますが、軽く見すぎも良くないと思います。

上にも下にも振ってくるか、25DMA付近までいくか、反転するか。
来週に備えましょう。



〔騰落レシオ〕133.5% 前日比-5.7
〔25日乖離率〕3.8% 前日比-2.6
〔ストキャス〕77.4% 前日比-3.0
〔RSI〕66.4% 前日比-9.8




〔三本新値足〕12,220.63円〔陰転値〕
〔25DMA〕11,865.13
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕24.14






25DMAをもし明確に割れて、本格的な値幅調整が行われるなら一体どこまで下がるのかと考えています。
目測を誤ってはいけませんが、もしそうなれば相当な深押しになる可能性はあります。
この相場で一番輝いているテクニカルにプライオリティを置き見ています。
全く当てにならないテクニカルは1月からほぼ無視しています(笑)

今週もお疲れ様でした。




日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



休場明けの営業となった本日は、終わってみれば約+170円高の大幅高となりました。後場は凪状態。
海外投資家の買い越しも11営業日連続で幅広く買われ、上昇銘柄1303下落銘柄324。
騰落レシオは買われすぎ過熱域へと。止まることを知らない。

25DMA乖離率は再度拡がり、200DMA乖離も凄い事になっている。

明日は、一部で言われている〔週末株高〕の〔アノマリー〕なので、騰がるのでしょう^^;
いえいえ本心では、そんな理由から騰がるなんて微塵も思っていません。
‥が、ブル相場は継続していますので続伸の傾向は見られるでしょう。



〔騰落レシオ〕139.2% 前日比+14.5
〔25日乖離率〕6.4% 前日比+0.8
〔ストキャス〕80.4% 前日比-3.9
〔RSI〕77.2% 前日比-1.5




〔三本新値足〕12,220.63円〔陰転値〕
〔25DMA〕11,768.45
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕24.14






三本新値は陽転。陰転値までは約400円の下落が必要となっています。
先日も書きましたが、この相場では陰転が逆指標となる事が多く、これまでも1、2日で陽転してくる事が当たり前。
今回も2営業日の陽転となりました。
現段階では、日経12600円台は保てないと思ってた節がありましたので、想定外と言えます。
今日が振り落としの動きだったかどうかは、1、2営業日たたないと分かりません。
それとも休み無しで13000円まで行くのかどうか。。。


日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o


にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



やはり昨晩から反騰した日経先物。
日経平均も大幅ギャップアップから始まった本日。

先物主導でしたが個別も主力を筆頭に幅広く買われ、上昇銘柄数は1274まで伸びました。

またゴールドマンサックス〔GS〕がS&P500種株価指数の目標引き上げなど、外部も強気であります。
GSが目標を引き上げたら売り、という言葉があったかどうかは知りませんが一昨年前は通例となっていた事もあります。
それがあるからではないですが、ここから上はやや懐疑的な目線で見ています。
一度上に振ってから下なのか。或いはまたここから、下に振ってくるのではないかという事もありますし、スピード調整も視野に入れています。

明日は日本では祝日で休場です。
日銀新体制、FOMC、、、等、大きめなイベントもございます。大きく動くかもしれません。



〔騰落レシオ〕124.7% 前日比+5.0
〔25日乖離率〕5.6% 前日比+1.5
〔ストキャス〕84.3% 前日比-1.3
〔RSI〕78.7% 前日比+8.3




〔三本新値足〕12,560.95
〔25DMA〕11,768.45
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕24.14






三本新値が逆指標となり、本日は上昇。
しかし色々テクニカルを見ていると買いに手が伸びにくい相場。それでも、無理して買うときもあったり。
テクニカルを見なきゃ良いのでしょうが、それは出来ず。何度目かの過熱感は、まだ冷めてません。


日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



日中はとても分かりやすい動きをしてくれました。
しかし、寄り付き直後はここまでのギャップダウンを想定していなかったのが正直なところ。
3日程かけて‥等、考えていましたが、第一のターゲットであった5DMA(先物)をらくらくクリアし、第二ターゲットと想定していた10DMA(先物)まで1日で辿りついてしまった。

似たような光景は、1月でも2月でも見られた。
下落のスピードが早く混乱しがちですが、翌日、翌々日には下がる前より騰がってしまっている事が。
いわゆる、最近は耳にする事の多い〔スピード調整〕。
今回もそれになってしまうのかは定かではないですが、夜場現在は底値から一時170円戻しの310円までありました。
今度は、抵抗線となっている5DMAが一応機能してはいますが、いつでも突破できるよ、といった動きです。

今夜中にキプロスの債務・支援問題で何らか発展があれば、更に上に飛ぶ事もあるかもしれません。
欧州発のネタなので、やはり欧州の動きが一番重要だと追いかけるのもアリなのでしょう。



〔騰落レシオ〕119.7% 前日比+1.5
〔25日乖離率〕4.1% 前日比-2.9
〔ストキャス〕85.6% 前日比-1.2
〔RSI〕70.4% 前日比-1.8




〔三本新値足〕12,560.95
〔25DMA〕11,724.54
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕22.59






三本新値が陰転しました。
本来、三本新値は順張りのシグナルになるのですが、この上昇相場では逆張りになりがちです。
明日の動きで今回も決まりそうです。
25DMA乖離率は、4%まで縮みました。


日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



あるかんたら


昨日、あるところを歩いていたら、もう見頃かという桜が咲いていました。
この桜の種類はなんでしょうね?ソメイヨシノではないというのは分かるのですが^^;
カメラマンが悪くてすみませんo(_ _)o笑



〔8316 週足〕

migoro.jpg



見頃といえば、メガバンの見頃は終わってしまったのでしょうか?
まだまだ、上向く材料が出てきそうですので、春のメガバン見頃はまだ先か?

本日の日経は下り坂ですね。先週末、買い煽っていた人達はいい加減ですね。
キプロスの件ですが、1週間程前に記事に出ていたでしょう?
もう少し後に実態化すると思っていましたが、少し早めにやってきましたね。

何事にも見頃ってありますので、時期が過ぎたものをいつまでも見てしまわないよう気をつけなければ。
日中は利益確定売りが多少出る場面があったものの、深押しは無く、押したら買われていました。
金曜株高の〔アノマリー〕継続という形^^;
その〔アノマリー〕に関連した〔アノマリー〕で言うと、月曜日もギャップアップする可能性が非常に高いという事です。


個別株は昨日よりも幅広く買われた印象でしたが、上昇1238/下落380銘柄と、数字が現しています。

夜場現在は、上値を追うことはせず寄りからジリ下げ。
430円に到達してからは20-30円幅で膠着しています。
昨日も書きましたが、僕の中で25DMA乖離率のプライオリティが高くなっています。
7%超えは気にするところだと思います。

今夜は、ニューヨーク連銀製造業景気指数、ミシガン大消費者信頼感指数の発表。
並びに米国市場はSQを迎えます。そこも意識されての今の位置ともとれますのでSQ通過後の動きも気にしたいところです。



〔騰落レシオ〕118.2% 前日比+6.0
〔25日乖離率〕7.0% 前日比+1.0
〔ストキャス〕86.8% 前日比-1.6
〔RSI〕73.2% 前日比-1.3




〔三本新値足〕12,283.00
〔25DMA〕11,681.84
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕23.85






やはり、25DMA乖離率。ここを気にしています。
この相場に入ってからの最大乖離は1月に8%超えがあります。
少し深い押しへの警戒は、今からしていても早いという事はないと思ってます。



日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



前場こそ、昨日の流れが継続し、高寄りしたものの一時はマイ転するなど軟調でした。
後場からは、一転して上昇の流れ。円安傾向と、日銀の早期追加金融緩和期待から買いが広まった。
というのが、理由としては成り立つでしょうか。
一昨日から昨日にかけて抜けた、一目均衡表の雲も再度、上抜け。やはり、今回も直ぐに足を引っ込めたようです^^;

個別株を見れば、一部に投機的な動きも見受けられましたが、毎日のように買い越してくる海外投資家には関係ないといった処でしょう。

夜場現在は、ギャップアップして寄り、下値を探らせない動きです。
このまま明日の日経もギャップアップ濃厚となるのでしょうか。
統計ではないですが、この相場ではこんな時、大抵翌日も窓空け上昇することが多いです。

EU首脳会議が気になる点ではありますが今夜、明日も下ではなく、上に目を向ける日になるかもしれません。



〔騰落レシオ〕112.2% 前日比-3.8
〔25日乖離率〕6.0% 前日比+0.7
〔ストキャス〕88.4% 前日比-3.4
〔RSI〕74.5% 前日比+0.8




〔三本新値足〕11,932.27
〔25DMA〕11,633.69
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕27.70






日経は値を上げたものの、騰落レシオは昨日より下がっております。
上昇銘柄1020で、下落銘柄が554もありましたので大型株をメインに買いが入っていたと思います。
ストキャスをはじめ、買われすぎを示していますが、この相場ではあまり気にしていないでしょう。
個人的には25DMA乖離率の方を注目しています。


日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o


にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



本日は、寄り付きから「またか」と思わせるような上昇がありましたが、現物窓埋め完了後は下へ。
そこからは、売りと買いが拮抗しました。下値も堅いし、上も重い。上下はしましたが、そこまで値幅は出ておりません。

日中の先物は5DMAラインが堅かったという印象でした。
(夜場の現在は、ラインも上がって割れております。)
昨日、ブログ記事に載せた一目均衡表の雲は下抜けております。(60分足)

しかし、キーである25DMAはまだまだ下にあり、ここを割れない事には本格調整は望めないでしょう。
今の段階では日柄調整の域を出ませんし、しばらくして再度上昇というシナリオが順路の流れです。

明日長い陰線でも引けば‥「お?」という気持ちも出てくるでしょうが、現時点では急騰に注意を払っておきたいところです。




〔騰落レシオ〕116.0% 前日比+4.4
〔25日乖離率〕5.3% 前日比-0.9
〔ストキャス〕91.8% 前日比-3.1
〔RSI〕73.7% 前日比-3.1




〔三本新値足〕11,932.27
〔3MSQ値〕12,072.98
〔日経ボラティリティ・インデックス〕25.72






テクニカルは多少マシになりましたが、まだまだ売り有利とは言えず。
テクニカルだけ見れば、中長期的な売りはまだ控えるべきと指しています。

日々の更新は、こういった事を書いていこうと思いますが、メール配信もありますので踏み込んだところは書かないようにします^^;



日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村



少し前からたくさんの方からご要望を頂いておりました。

それは‥ブログの日刊化!

そうです。僕のブログはほぼ不定期で更新してきております^^;

日刊で書いていくペースが持続できるかどうか自分でも不安だったので不定期で書いておりました。

面白い、面白くないは別にして少しでもタメになる方がいるのであれば‥

‥僕なんかのブログで良ければ頑張ろうと思った次第です。

明日辺りから日刊〔日感〕として、更新していけたら良いなあと思っているので宜しくお願いします。

面白くない!と、罵倒するのではなくどうか温かい目で見てやって下さい(笑)


o(_ _)o
〔日経平均先物 期近 60分足〕

ichimoku.jpg



片足、一目均衡の雲に突っ込んできました。
ここからすぐに片足引っ込めるのがこの相場の特徴で、ドップリ足を浸からせてもすぐに引っ込めてしまうのが常。
まぁ、とりあえずゆっくりお湯にはいっていきなさいよ‥と、でも声を掛けたくなります^^;

さて、今回はどうなるのか。
またすぐにお湯から出たがるのでしょうか。足湯くらいゆっくり浸かっても良いのでは?
2限SQ後-2限のトレード公開。先物は、ラージ3限、ミニ3限と6限を使用。本日は3.11ですね。ひとときトレードを休めて黙祷する時間を作りましょう。


・先物
2月1日 3限 ミニ S 11180円×3枚→2月25日 11600円×3枚 決済 【損失】126000

2月25日 6限 ミニ L 11525円×5枚→2月25日 11585円×1枚 決済 【利益】30000

2月26日 6限 ミニ S 11360円×5枚→2月26日 11340円×5枚 決済 【利益】10000

2月27日 6限 ミニ L 11240円×5枚→3月1日 11540円×5枚 決済 【利益】150000

2月28日 6限 ミニ L 11395円×5枚→2月28日 11470円×5枚 決済 【利益】37500

2月28日 6限 ミニ L 11440円×5枚→3月1日 11575円×5枚 決済 【利益】67500

3月4日 6限 ミニ S 11575円×5枚→3月7日 11955円×5枚 決済 【損失】190000



・オプション
1月25日  コール 12000 L 48円×1枚→3月8日 SQ 決済 【利益】24000

1月25日 コール 12250 S 33円×2枚→3月8日 SQ 決済 【利益】66000

2月5日 プット 10000 L 24円×1枚→3月8日 SQ 決済 【損失】24000

2月8日 コール 12750 S 20円×2枚→3月8日 SQ 決済 【利益】40000

2月8日 プット 9750 S 25円×1枚→3月8日 SQ 決済 【利益】25000

2月13日 コール 11750 L 115円×1枚→3月6日 130円 決済 【利益】15000

2月13日 コール 12000 S 60円×3枚→2月22日 50円 決済 【利益】30000

2月15日 コール 12250 S 21円×1枚→3月8日 SQ 決済 【利益】21000

2月20日 プット 10500 S 17円×5枚→3月8日 SQ 決済 【利益】85000

2月20日 プット 10750 L 35円×1枚→3月8日 SQ 決済 【損失】35000

2月22日 コール 12250 S 36円×3枚→3月8日 SQ 決済 【利益】108000

2月25日 プット 10750 S 20円×4枚→3月8日 SQ 決済 【利益】80000

3月6日 プット 11750 L 34円×1枚→3月8日 SQ 決済 【損失】34000



今月も利益を出せました。プラス380000。
3限では、SQが近づいてきた局面で、コール11750買いを決済してしまったり、もったいなかった部分が結構ありました。
持っていればもっとプラス幅は増えたでしょうけど、僕のSQ値予測は11500~11750で立てていましたので見事に外れてしまいました^^;だから、最後のプット買いも、もったいなかったですね・・。

もしかすると、コール11250売りまで危惧しなければならなかった訳ですが、そこまで来なくて本当に良かったと思っています。

今の買い意欲。。。2005年の相場よりも体感的には勢いがあると思える時もあります。
一体いつまで継続するのか、しっかりとした調整は入れないのか、、等の疑念を常に持っています。
相場にはいつも裏切られる事が多いですので、もう、こういった疑念は当たり前のように存在しています。
ハッキリ言うと、いつか梯子を外されて、急降下するんじゃないか?という疑念です。
そこばかりを懸念するとトレードも偏ってしまいますので、そうならないようにしていますが、しっかりと頭にはあります。

4限もちゃんと利益を残せるよう頑張っていきたいと思います。
現時点で仕掛け済みのオプション戦略がうまくハマってくれるとは思ってますが^^

それでは、3限もお疲れ様でしたo(_ _)o
〔8101 GSIクレオス〕

ji-esu.jpg



これは隠れた名店か?
仕手筋が好きこのみそうな銘柄ですね。

普段、低位株はあまり触りませんがこんな地合いで落ちてたら拾いたい。

あ、日経11800円おめでとうございます。13000円を目指す気概を示すのは大事ですよね。
2月中に決済した分を載せます。手数料は含めません。

・1月15日〔2792〕ハニーズ 買 500株→2月15日 売り返済 【利】13000

・1月22日〔9627〕アインファーマシーズ 買 100株→2月14日 売り返済 【損】12000



累計キャッシュ=5,800,000円


今月は、決済したのも2銘柄しかなく、しょうもないプラスとなってしまいました^^;
保有銘柄が中々決済できる状況にないというのが理由のひとつ。

しかしその中でも、

〔6849 日本光電〕

kouden.jpg



これは良い買い物。赤丸のあたりで買っています。
まだ保有中ですが、買値からは600円程上がっているので載せても良いかな、と。

3月決済分に思いを馳せて、2月は静かな成績となりました^^;
ハニーズは重症ですね。中々騰がらない。現在も、まだ停滞してます。
潜って潜って‥いつ騰がるのか、が分かればまた買いで入りたいところです。

3月も頑張っていきます。
プロフィール

タクティクス225

Author:タクティクス225
元・証券マンでしたが今は専業トレーダー兼、ブロガーです。
個別銘柄、先物やオプション取引。・・・・・・FXはまだ勉強中です。

とりあえず
単発銘柄・仕手株
〔2703〕日本ライトン+22.7% 
〔4579〕ラクオリア創薬+22.2% 
〔3475〕グッドコムアセット+68.3% 
〔3851〕日本一ソフトウェア+35.5% 
〔3825〕リミックスポイント+527% 
〔2656〕ベクター+18.1% 
〔3935〕エディア+15.8% 
〔2538〕JFLA+19.5% 
〔6778〕アルチザネットワークス+25.3% 
〔6266〕タツモ+23.4% 
〔3678〕メディアドゥ+12.2% 
〔3968〕セグエ -18.4% 
〔6643〕戸上電機+45% 
〔6537〕WASHハウス+32% 
〔6266〕タツモ+23% 
〔5277〕スパンクリート+50.7% 
〔3541〕農業総合研究所+24% 
〔2488〕日本サードパーティ-29% 
〔6246〕テクノスマート+31% 
〔3932〕アカツキ+39% 
〔8462〕FVC+37.9% 
〔4308〕Jストリーム+40% 
〔3815〕メディア工房+51% 
〔6531〕リファインバース+45% 
〔2354〕安川情報システム+43% 
〔3698〕CRIMW +17.2% 
〔4763〕C&R社 +21% 
〔6081〕アライドアーキ +43% 
〔3679〕じげん +20% 
〔4736〕日本ラッド +23.2% 
〔8462〕FVC +58.2% 
〔3652〕DMP +82.3% 
〔3688〕VOYAGE +15.6% 
〔8462〕FVC +282% 
〔7608〕エスケイジャパン +64% 
〔2538〕JFLA +83% 
〔9421〕ネプロ +98% 
〔3843〕フリービット +23% 
〔3328〕BEENOS +60% 
〔3528〕プロスペクト+47% 
〔5162〕朝日ラバー+77% 
〔3652〕テックファーム+93% 
〔3625〕DMP+185% 
〔3845〕アイフリーク+10% 
〔3356〕テリロジー+22% 
〔6840〕アドテック+23% 
〔4576〕DWTI+25% 
〔4552〕JCRファーマ+36% 
〔1757〕クレアHD -14% 
〔8473〕SBI +13% 
〔4771〕エフアンドエム +22% 
〔7990〕グローブライド +58% 
〔1719〕安藤・間 +42% 
〔7519〕五洋インテックス +55% 
〔7612〕コモンウェルス +19% 
〔4347〕ブロードメディア -12% 
〔1301〕極洋 +21% 
〔3004〕神栄 +48% 
〔7305〕新家工業 +49% 
〔5204〕石塚硝子 +27% 
〔5541〕太平洋金属 +7% 
〔7157〕ライフネット生命 +20% 
〔1961〕三機工業 +14% 
〔4563〕アンジェスMG +32% 
〔3843〕フリービット +24% 
〔7743〕シード +17% 
〔2159〕フルスピード +11% 
〔7972〕イトーキ +19% 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
北辰
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
記録
2017年11限 先OP+2,206,000
2017年10月 個別株+228,000
2017年10月 寄引+400(400,000)
2017年10限 先OP+126,000
2017年9月 個別株+1,277,000
2017年9月 寄引-180(180,000) 
2017年9限 先OP+575,000
2017年8月 寄引-200(200,000) 
2017年8月 個別株+332,000
2017年8限 先OP+438,000
2017年7月 寄引+300(300,000)
2017年7月 個別株+1,177,000
2017年7限 先OP+139,000
2017年6月 寄引+650(650,000)
2017年6月 個別株+242,000
2017年6限 先OP+717,000
2017年5月 寄引+640(640,000)
2017年5月 個別株+574,000
2017年4月 寄引+1180(1,180,000)
2017年4月 個別株+15,000
2017年5限 先OP-964,500 
2017年4限 先OP+251,000
2017年3月 寄引+1070(1,070,000)
2017年3月 個別株+375,000
2017年3限 先OP+352,000
2017年2月 個別株+2,542,000
2017年2月 寄引+580(580,000)
2017年2限 先OP+209,000
2017年1月 個別株+551,000
2017年1限 先OP+190,000
2017年1月 寄引-460(460,000) 
2016年12月 個別株+432,000
2016年12月 寄引+80(80,000)
2016年12限 先OP-973,600 
2016年11月 個別株+416,000
2016年11月 寄引+80(80,000)
2016年11限 先OP+754,000
2016年10月 個別株+249,000
2016年10月 寄引+450(450,000)
2016年10限 先OP+255,000
2016年9月 個別株+285,000
2016年9月 寄引+200(200,000)
2016年9限 先OP+189,300
2016年8月 個別株+324,000
2016年8月 寄引+60(60,000)
2016年8限 先OP+267,000
2016年7月 個別株+99,600
2016年7月 寄引-490(490,000) 
2016年7限 先OP+28,000
2016年6月 寄引+1490(1,490,000)
2016年6月 個別株+277,000
2016年6限 先OP+80,200
2016年5月 個別株+978,000
2016年5月 寄引+1440(1,440,000)
2016年5限 先OP-1,828,000 
2016年4月 個別株+1,278,000
2016年4限 先OP-151,000 
2016年4月 寄引-810(810,000) 
2016年3限 先OP+894,000
2016年3月 個別株+387,000
2016年3月 寄引-740(740,000) 
2016年2限 先OP+1,241,000
2016年2月 寄引-50(50,000) 
2016年2月 個別株+1,152,000
2016年1限 先OP+615,000
2016年1月 寄引+1060(1,060,000)
2016年1月 個別株+512,000
2015年12限 先OP+666,000
2015年12月 個別株+1,218,000
2015年12月 寄引-610(610,000) 
2015年11月 寄引+180(180,000)
2015年11限 先OP+370,500
2015年11月 個別株+787,000
2015年10月 寄引+360(360,000)
2015年10限 先OP-,91,000 
2015年10月 個別株+451,000
2015年9月 寄引+1,740(1,740,000)
2015年9限 先OP-1,434,000 
2015年9月 個別株+149,000
2015年8月 寄引+930(930,000)
2015年8限 先OP+121,000
2015年8月 個別株-1,480,000 
2015年7月 寄引+600(600,000)
2015年7月 個別株-877,000 
2015年7限 先OP+229,000
2015年6月 寄引+180(180,000)
2015年6月 個別株+352,000
2015年6限 先OP+664,000
2015年5月 寄引+390(390,000)
2015年5月 個別株-119,000 
2015年5限 先OP+361,000
2015年4月 寄引+1240(1,240,000)
2015年4月 個別株+745,000
2015年4限 先OP+624,000
2015年3月 寄引+240(240,000)
2015年3月 個別株+266,000
2015年3限 先OP+152,500
2015年2月 寄引+730(730,000)
2015年2月 個別株+966,000
2015年2限 先OP+373,000
2015年1月 寄引+450(450,000)
2015年1月 個別株-113,000 
2015年1限 先OP+226,000
2014年12月 個別株-171,000 
2014年12限 先OP+364,500
2014年11月 個別株-194,000 
2014年11限 先OP+179,000
2014年10月 個別株-792,000 
2014年10限 先OP+383,000
2014年9月 個別株+2,102,000 
2014年9限 先OP+559,000
2014年8月 個別株+1,778,000 
2014年8限 先OP+163,000
2014年7月 個別株+1,587,000 
2014年7限 先OP+466,000 
2014年6月 個別株+878,000 
2014年6限 先OP+451,000 
2014年5月 個別株+1,285,000 
2014年5限 先OP+234,000 
2014年4月 個別株+70,000 
2014年4限 先OP+339,000 
2014年3月 個別株-708,000 
2014年3限 先OP+92,000 
2014年2月 個別株-252,500 
2014年2限 先OP+343,000 
2014年1月 個別株+992,000 
2014年1限 先OP+367,000 
2013年12月 個別株+144,000 
2013年12限 先OP+922,000 
2013年11月 個別株+233,000 
2013年11限 先OP+96,000 
2013年10限 先OP+113,000 
2013年10月 個別株-102,000 
2013年09限 先OP+368,000 
2013年9月 個別株+448,000 
2013年08限 先OP+198,000 
2013年8月 個別株+68,000 
2013年07限 先OP+355,000 
2013年7月 個別株+468,000 
2013年06限 先OP+512,000 
2013年6月 個別株+146,000 
2013年05限 先OP+712,000 
2013年5月 個別株+3,316,000 
2013年04限 先OP+347,000 
2013年4月 個別株+1,067,000 
2013年03限 先OP+380,000 
2013年3月 個別株+365,000 
2013年02限 先OP+336,000 
2013年2月 個別株+1,000 
2013年01限 先OP-1,883,000 
2013年1月 個別株+141,000 
2012年12限 先OP+966,000 
2012年12月 個別株+193,000 
2012年11限 先OP+434,500 
2012年11月 個別株+159,000 
2012年10限 先OP+310,000 
2012年10月 個別株+297,000 
2012年9限 先OP+547,000 
2012年09月 個別株-42,000 
2012年8限 先OP+539,000 
2012年08月 個別株-92,500 
2012年7限 先OP+251,000 
2012年07月 個別株+174,000 
2012年6限 先OP+398,500 
2012年06月 個別株+316,500 
2012年5限 先OP+390,000 
2012年05月 個別株+115,000 
2012年4限 先OP+638,000 
2012年04月 個別株+129,000 
2012年03月 個別株+131,000 
       
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク