11月21日〔日感〕

朝から高く始まり、9時30分頃から一気に上昇。日経平均は、15377円の高値をつけました。
後場に入っても15300円絡みで横ばいが継続
引けは、15365.60円 +289.52円です。数日間の横ばいを一気に上へ抜けてきました。
ただ今日の上昇は、行き過ぎのような感じはしますけど‥
これで、15000円台はしばらくキープしそうではあります。
高値圏の保ち合いといったところでしょうか。


〔騰落レシオ〕117.5% 前日比-
〔25日乖離率〕5.1% 前日比-
〔ストキャス〕 90.1% 前日比-
〔RSI〕75.8% 前日比-




〔三本新値足〕14,086.80〔陰転値〕
〔25DMA〕14,575.51
〔11SQ値〕14,013.07
〔日経ボラティリティ・インデックス〕25.21







日感の記事だけ、↓貼ります。応援して下さる方はクリックを宜しくお願いしますo(_ _)o

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメントの投稿
非公開コメント


あなたは統合失調症。大丈夫。病院で診てもらう。治る。
おすすめ
日本大学医学部付属板橋病院
総合科(内科)、呼吸器内科、血液・膠原病内科、腎臓・高血圧・内分泌内科、消化器・肝臓内科、糖尿病・代謝内科、神経内科、循環器内科、保健科、心療内科、精神神経科、小児・新生児病科、東洋医学科、総合科(外科)、皮膚科、消化器外科、心臓外科、血管外科、呼吸器外科、小児外科、乳腺内分泌外科、形成外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、総合周産期母子医療センター、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、ペインクリニック科、睡眠センター、救命救急センター、臨床検査医学科、病理診断科
〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1
TEL.03-3972-8111(代)





虚言癖





移動: 案内、 検索



Question book-4.svg
この記事の内容の信頼性について検証が求められています。
確認のための文献や情報源をご存じの方はご提示ください。出典を明記し、記事の信頼性を高めるためにご協力をお願いします。議論はノートを参照してください。(2008年4月)

虚言癖(きょげんへき)とは、どうしても嘘をついてしまう人間の性質をあらわす俗語。

病的な症状に関しては、虚偽性障害、統合失調症、妄想性パーソナリティ障害、反社会性パーソナリティ障害、演技性パーソナリティ障害などの症状が関係する場合もある。

傾向[編集]

虚栄心や自惚れから、自分を実際よりも大きく見せようと、ホラやうその自慢話をするものとされる。ただ、実態としては自身の言質よりも劣っているケースも多く、劣等感(→劣等コンプレックス)の変形と見なされている。病的になってくると、自分でも、嘘か本当かよくわからなくなってしまう傾向があり、中には空想の自分像との同一視や、現実認識に支障が出る傾向もあるなど、当人にとっても有害無益である傾向が出ることもあるとされる。

病的に嘘を付く場合の一例には、病気や体調不良を装うミュンヒハウゼン症候群がある。同症候では、彼らの訴える病気等によって周囲の同情や関心をひく事を目的として、手術痕を(自分で)作ろうと自傷行為をするケースもあり、その一方では体調不良を訴えた場合に、本当にそれら苦痛を(自己暗示的に)感じている場合もあるとされる。

虚言癖と似て非なるケース[編集]

統合失調症のように、自分が何を述べているかも明確に認識していない場合もある。これらは妄想や幻覚と現実の区別が付かず、時に記憶すらも曖昧となり、時が経つに連れて事実と反する事を述べたりする事もある。

痴呆によっても認識と現実に差が出ることもあり、他人から見れば事実から反するためにウソとされる事柄を、当人は事実として疑わない事がある。

これらは一般に、虚言癖と混同ないし同一視されるが、厳密には虚言癖と似て異なるものである。またこれの治療法も各々に存在する。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プロフィール

タクティクス225

Author:タクティクス225
元・証券マンでしたが今は専業トレーダー兼、ブロガーです。
個別銘柄、先物やオプション取引。・・・・・・FXはまだ勉強中です。

とりあえず
単発銘柄・仕手株
〔2703〕日本ライトン+22.7% 
〔4579〕ラクオリア創薬+22.2% 
〔3475〕グッドコムアセット+68.3% 
〔3851〕日本一ソフトウェア+35.5% 
〔3825〕リミックスポイント+527% 
〔2656〕ベクター+18.1% 
〔3935〕エディア+15.8% 
〔2538〕JFLA+19.5% 
〔6778〕アルチザネットワークス+25.3% 
〔6266〕タツモ+23.4% 
〔3678〕メディアドゥ+12.2% 
〔3968〕セグエ -18.4% 
〔6643〕戸上電機+45% 
〔6537〕WASHハウス+32% 
〔6266〕タツモ+23% 
〔5277〕スパンクリート+50.7% 
〔3541〕農業総合研究所+24% 
〔2488〕日本サードパーティ-29% 
〔6246〕テクノスマート+31% 
〔3932〕アカツキ+39% 
〔8462〕FVC+37.9% 
〔4308〕Jストリーム+40% 
〔3815〕メディア工房+51% 
〔6531〕リファインバース+45% 
〔2354〕安川情報システム+43% 
〔3698〕CRIMW +17.2% 
〔4763〕C&R社 +21% 
〔6081〕アライドアーキ +43% 
〔3679〕じげん +20% 
〔4736〕日本ラッド +23.2% 
〔8462〕FVC +58.2% 
〔3652〕DMP +82.3% 
〔3688〕VOYAGE +15.6% 
〔8462〕FVC +282% 
〔7608〕エスケイジャパン +64% 
〔2538〕JFLA +83% 
〔9421〕ネプロ +98% 
〔3843〕フリービット +23% 
〔3328〕BEENOS +60% 
〔3528〕プロスペクト+47% 
〔5162〕朝日ラバー+77% 
〔3652〕テックファーム+93% 
〔3625〕DMP+185% 
〔3845〕アイフリーク+10% 
〔3356〕テリロジー+22% 
〔6840〕アドテック+23% 
〔4576〕DWTI+25% 
〔4552〕JCRファーマ+36% 
〔1757〕クレアHD -14% 
〔8473〕SBI +13% 
〔4771〕エフアンドエム +22% 
〔7990〕グローブライド +58% 
〔1719〕安藤・間 +42% 
〔7519〕五洋インテックス +55% 
〔7612〕コモンウェルス +19% 
〔4347〕ブロードメディア -12% 
〔1301〕極洋 +21% 
〔3004〕神栄 +48% 
〔7305〕新家工業 +49% 
〔5204〕石塚硝子 +27% 
〔5541〕太平洋金属 +7% 
〔7157〕ライフネット生命 +20% 
〔1961〕三機工業 +14% 
〔4563〕アンジェスMG +32% 
〔3843〕フリービット +24% 
〔7743〕シード +17% 
〔2159〕フルスピード +11% 
〔7972〕イトーキ +19% 
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
北辰
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
記録
2017年11限 先OP+2,206,000
2017年10月 個別株+228,000
2017年10月 寄引+400(400,000)
2017年10限 先OP+126,000
2017年9月 個別株+1,277,000
2017年9月 寄引-180(180,000) 
2017年9限 先OP+575,000
2017年8月 寄引-200(200,000) 
2017年8月 個別株+332,000
2017年8限 先OP+438,000
2017年7月 寄引+300(300,000)
2017年7月 個別株+1,177,000
2017年7限 先OP+139,000
2017年6月 寄引+650(650,000)
2017年6月 個別株+242,000
2017年6限 先OP+717,000
2017年5月 寄引+640(640,000)
2017年5月 個別株+574,000
2017年4月 寄引+1180(1,180,000)
2017年4月 個別株+15,000
2017年5限 先OP-964,500 
2017年4限 先OP+251,000
2017年3月 寄引+1070(1,070,000)
2017年3月 個別株+375,000
2017年3限 先OP+352,000
2017年2月 個別株+2,542,000
2017年2月 寄引+580(580,000)
2017年2限 先OP+209,000
2017年1月 個別株+551,000
2017年1限 先OP+190,000
2017年1月 寄引-460(460,000) 
2016年12月 個別株+432,000
2016年12月 寄引+80(80,000)
2016年12限 先OP-973,600 
2016年11月 個別株+416,000
2016年11月 寄引+80(80,000)
2016年11限 先OP+754,000
2016年10月 個別株+249,000
2016年10月 寄引+450(450,000)
2016年10限 先OP+255,000
2016年9月 個別株+285,000
2016年9月 寄引+200(200,000)
2016年9限 先OP+189,300
2016年8月 個別株+324,000
2016年8月 寄引+60(60,000)
2016年8限 先OP+267,000
2016年7月 個別株+99,600
2016年7月 寄引-490(490,000) 
2016年7限 先OP+28,000
2016年6月 寄引+1490(1,490,000)
2016年6月 個別株+277,000
2016年6限 先OP+80,200
2016年5月 個別株+978,000
2016年5月 寄引+1440(1,440,000)
2016年5限 先OP-1,828,000 
2016年4月 個別株+1,278,000
2016年4限 先OP-151,000 
2016年4月 寄引-810(810,000) 
2016年3限 先OP+894,000
2016年3月 個別株+387,000
2016年3月 寄引-740(740,000) 
2016年2限 先OP+1,241,000
2016年2月 寄引-50(50,000) 
2016年2月 個別株+1,152,000
2016年1限 先OP+615,000
2016年1月 寄引+1060(1,060,000)
2016年1月 個別株+512,000
2015年12限 先OP+666,000
2015年12月 個別株+1,218,000
2015年12月 寄引-610(610,000) 
2015年11月 寄引+180(180,000)
2015年11限 先OP+370,500
2015年11月 個別株+787,000
2015年10月 寄引+360(360,000)
2015年10限 先OP-,91,000 
2015年10月 個別株+451,000
2015年9月 寄引+1,740(1,740,000)
2015年9限 先OP-1,434,000 
2015年9月 個別株+149,000
2015年8月 寄引+930(930,000)
2015年8限 先OP+121,000
2015年8月 個別株-1,480,000 
2015年7月 寄引+600(600,000)
2015年7月 個別株-877,000 
2015年7限 先OP+229,000
2015年6月 寄引+180(180,000)
2015年6月 個別株+352,000
2015年6限 先OP+664,000
2015年5月 寄引+390(390,000)
2015年5月 個別株-119,000 
2015年5限 先OP+361,000
2015年4月 寄引+1240(1,240,000)
2015年4月 個別株+745,000
2015年4限 先OP+624,000
2015年3月 寄引+240(240,000)
2015年3月 個別株+266,000
2015年3限 先OP+152,500
2015年2月 寄引+730(730,000)
2015年2月 個別株+966,000
2015年2限 先OP+373,000
2015年1月 寄引+450(450,000)
2015年1月 個別株-113,000 
2015年1限 先OP+226,000
2014年12月 個別株-171,000 
2014年12限 先OP+364,500
2014年11月 個別株-194,000 
2014年11限 先OP+179,000
2014年10月 個別株-792,000 
2014年10限 先OP+383,000
2014年9月 個別株+2,102,000 
2014年9限 先OP+559,000
2014年8月 個別株+1,778,000 
2014年8限 先OP+163,000
2014年7月 個別株+1,587,000 
2014年7限 先OP+466,000 
2014年6月 個別株+878,000 
2014年6限 先OP+451,000 
2014年5月 個別株+1,285,000 
2014年5限 先OP+234,000 
2014年4月 個別株+70,000 
2014年4限 先OP+339,000 
2014年3月 個別株-708,000 
2014年3限 先OP+92,000 
2014年2月 個別株-252,500 
2014年2限 先OP+343,000 
2014年1月 個別株+992,000 
2014年1限 先OP+367,000 
2013年12月 個別株+144,000 
2013年12限 先OP+922,000 
2013年11月 個別株+233,000 
2013年11限 先OP+96,000 
2013年10限 先OP+113,000 
2013年10月 個別株-102,000 
2013年09限 先OP+368,000 
2013年9月 個別株+448,000 
2013年08限 先OP+198,000 
2013年8月 個別株+68,000 
2013年07限 先OP+355,000 
2013年7月 個別株+468,000 
2013年06限 先OP+512,000 
2013年6月 個別株+146,000 
2013年05限 先OP+712,000 
2013年5月 個別株+3,316,000 
2013年04限 先OP+347,000 
2013年4月 個別株+1,067,000 
2013年03限 先OP+380,000 
2013年3月 個別株+365,000 
2013年02限 先OP+336,000 
2013年2月 個別株+1,000 
2013年01限 先OP-1,883,000 
2013年1月 個別株+141,000 
2012年12限 先OP+966,000 
2012年12月 個別株+193,000 
2012年11限 先OP+434,500 
2012年11月 個別株+159,000 
2012年10限 先OP+310,000 
2012年10月 個別株+297,000 
2012年9限 先OP+547,000 
2012年09月 個別株-42,000 
2012年8限 先OP+539,000 
2012年08月 個別株-92,500 
2012年7限 先OP+251,000 
2012年07月 個別株+174,000 
2012年6限 先OP+398,500 
2012年06月 個別株+316,500 
2012年5限 先OP+390,000 
2012年05月 個別株+115,000 
2012年4限 先OP+638,000 
2012年04月 個別株+129,000 
2012年03月 個別株+131,000 
       
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク